Entry: main  << >>
家で小学生の英語学習を行うには何がいい?
0

    小学生でも英語学習が学校で盛んになる

     

    小学生での英語教育は親世代では比較にならないくらい重視されています。

    これまでの親の世代では学校においては中学1年生がスタートであり、

    先取りとしての小学生英語教育が位置づけでした。

     

    しかし、昨今では幼稚園の段階からカリキュラムに組み込まれている

    ケースも多いです。現在低学年の小学生においては小学4年生から

    授業のコマとしても設置されるなど中学1年スタートと

    くらべ明らかに開始年代が下がっています。

     

    先取り含めて家庭学習への対応も早めが中心となります。今回、

    家で行う小学生の英語教室についてとりあげていきたいと思います。

     

    英語を身近に感じる素材からスタート

     

    まったく英語に触れていない段階でテキストでアルファベットの

    書き方などに取り組むのは難しい側面があります。まずは様々な

    英語教室でも取り組まれている英語への慣れをつける

    観点から入るのがいいです。

     

    もし、次の学習段階に直結させていきたいのであれば、

    カラーや基礎的な単語などを絵なども入った図表というような形で

    まとめられているページを音声で聞かせることがいいです。

    特に導入部分では音声で英語の発音が自然になじむような

    形にもっていくことがポイントです。

     

    早めに英検を目標として取り組む

     

    家での家庭学習としては英検を中心に取り組むことでリズムを

    つくりだせます。なんとかなく勉強して年単位での

    積み上げを行うというのは大変です。

     

    だからこそ、英検対策を行う中で先取りを兼ねた英語学習の

    流れをつくりだせればと思います。5級から4級へと初めは

    級ごとに約1年分の内容が入っている事も特徴です。

    1年に1回取得するという目標を持たせる学習は

    大切になってきます。

     

    リスニング対策で聞く力も強化

     

    家で英語学習を行う中でリスニング対策をどう組み込むかが

    重要なポイントです。耳慣れの段階から1歩進んだ学習と

    なるかを考える中でどうしても目標が定めにくい為、

    後回しになりがちです。

     

    このリスニング力に英検は目標として適していると考えます。

    5級の内容は聞いてみるとわかる通り、難しい単語は一つも

    出てきません。耳で聞くという事ができているかを

    問うシンプルな内容であり良問です。

     

    着実に理解しているかを問うこのような内容を行い、

    リスニングに向けた学習という目的意識を持たせることが

    英語学習で張り合いも出て大切なこととなります。

     

    JUGEMテーマ:我が子の家庭学習(小学生)

    | syougaku19 | 13:42 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    Profile

    検討計画

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode