Entry: main  << >>
ホワイトボードを使った家庭学習の方法!勉強でどう活用してる?
0

    ホワイトボードを使った家庭学習には何が必要?

     

    ホワイトボードを使った家庭学習が注目を集めています。このホワイトボードを

    使った勉強では2通りの側面から有効性が言われています。

     

    1つは子供の自由な発想を鍛えるという側面です。ホワイトボードに自在に

    描かせる事により発想を広げたり、自分から取り組む姿勢を大切にします。

     

    2つ目は家庭学習の勉強過程で解説に取り入れるという手法です。学校での

    黒板活用ではありませんが、身近な少人数の子供に対して、

    ホワイトボードで自在に描くことによる知識の定着向上を図ります。

     

    今回はこの2つの側面に沿った形でホワイトボードを使った勉強の

    有効度合について取り上げていきます。

     

    発想にも年代ごとに段階を持って取り組む

     

    始めてホワイトボードを学習で活用する際には、子供に自由に

    描かせてみるのもいいでしょう。絵など書き、カラーで色を塗り、

    消してまた再構築するという流れは新鮮に

    映り取り組んでいくと思います。

     

    年次が上がっていくと覚えた文字を書きたくなるのも特色です。

    絵だけではなく文字も書くようになった段階で勉強と構えなくとも

    できる勉強という事を意識したいです。子供にとっては遊んでいる

    延長で漢字などを書き、覚える一助となっている形を

    取り入れる事がいい循環となります。

     

    イメージを伝えられるメリット

     

    まずは子供が主体的にホワイトボードで楽しむようになった後、

    家庭学習の解説部分で取り入れるというフェーズに移行するといいでしょう。

     

    特に算数の図で表す箇所など、書き込みが用意であり子供の理解に

    合わせて図で見せられ、付け足しや一部分を消すことも

    用意である事がホワイトボードの利点です。

     

    また、手持ちサイズでも一面を使って図や対象の言葉を書ける為、

    大きく見せることもできます。これはノート上の小さい範囲で

    勉強を行うというイメージからも脱却できた新鮮さを

    吹き込む意味合いでもいいポイントとなります。

     

    ホワイトボード自体は安価なもので十分活用できる

     

    ホワイトボードを活用と聞くと、壁に括り付けの大画面を想像する方も

    多いでしょう。しかし、勉強でホワイトボードを使うという観点では

    100円均一で売っているような手持ちサイズでも十分と言えます。

     

    できればA4サイズ程度の大きさがあれば広く描く事ができます。

    また、ホワイトボードに書き込むペンは消耗品です。特に子供は

    筆圧調整が難しい為、ペン先が潰れやすくもなりますがある程度は

    許容することも大切です。

     

    ただ、こちらのペンも100円均一で売っている安価な物であっても

    十分楽しめています。ぜひ、気になる方はホワイトボードを使った

    勉強で活用してみると効果が高くいいですよ。

     

    JUGEMテーマ:我が子の家庭学習(小学生)

    | syougaku19 | 09:31 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    Profile

    検討計画

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode