Entry: main  << >>
小学生の通知表で気にしたいポイントは?自分との差が大事
0

    小学生の通知表が返ってきて気をつけたい点は?

     

    3学期や最近導入が増えた2学期制でも学期終わりとなり、

    通知表を持ち帰る時期となりました。小学生の通知票では

    何に気を付けたらいいでしょうか。

     

    結論から書きますと、成績自体への着目度は少ないと見ます。

    しかし、学期を経た高低は確認しておきたいという事です。

    いわば、自己との戦いとも言えます。この小学生の

    通知表について今回は詳細にお伝えします。

     

    最高評価にこだわる事はあまりない

     

    小学生の通知票では中、高校生のような5段階評価や

    10段階評価は稀と言えます。大方が二重丸や

    三角などの評価指標となっています。

     

    また、5段階の最高評価である5がクラスで2人前後と

    決められているような評価機軸ではなく、達成できれば

    何人でも最高評価が付く絶対評価であることが大半です。

     

    この性質からも最高評価にさほどこだわる事はないと言えます。

    自分ができているかどうかである為、真の実力養成に

    力を注ぐべきであり、通知表の成績に

    こだわりすぎないことが大切です。

     

    自分の過去成績との推移は意識したい

     

    2学期制でも前期の通知表は受け取っています。この3月に

    おける通知表では過去の自分が得た成績からの

    推移は気にしたい所です。

     

    特に急激に落ちている科目があればチェックします。

    当然、勉強自体がわからないという事もあります。

    この場合は当該項目を補強してあげればいいの

    さほど問題はありません。

     

    しかし、生活習慣の乱れなど全体的に下がる要因が

    ある場合は注意が必要です。例えば、習い事などを

    多めであったため睡眠時間が少なくなり、学校での

    パフォーマンスが落ちているという事も

    ケースとしてはあります。

     

    何がいい悪いと決めつけている訳ではありません。

    親自体が違和感の出ているサインを通知表で

    気づけるかが大切となります。SOSのサインは

    ちょっとした所から出ている為、感じ取って

    あげる意識が大事です。

     

    すべては春休みの学習に生かせるために

     

    反省点が見えた場合はラッキーだと思えます。なぜなら、

    迷いなく改善すべき点を行えるからです。戦略が定まり、

    迷いがなくなるという事はとても行いやすく

    好循環を生み出します。

     

    小学生の通知表における差などこれからの人生で

    いくらでも挽回が可能です。親自身がわかっている

    このような事実を冷静に子供に伝え、これからの

    学習で励みになるように持っていくことが

    家庭学習でのポイントとも言えます。

     

    JUGEMテーマ:我が子の家庭学習(小学生)

    | syougaku19 | 10:34 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    Profile

    検討計画

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode