Entry: main  << >>
小学生の防犯ブザーはどこに気を付けるといい?
0

    最近の小学生は防犯ブザー必須

     

    昨今の小学生において防犯ブザーは必須だと言えます。親世代の

    感覚からすると、そのようなものをもっている小学生は

    めったにいなかったですよね。

     

    しかし、様々な事件や事件にならなくとも不審者情報などの

    連絡を見ても、防犯ブザーの所持はしょうがないかと思います。

    これから新学期で新しく1年生になる子も多い時期です。

    今回は防犯ブザーについて取り上げます。

     

    初期支給もあるかも

     

    我が家では入学と同時に初期支給がありました。学校からと

    いうよりも交通安全協会かなにかからの支給でした。

    黄色の目立つ形で男女共に共通の内容です。

     

    防犯ブザー自体はひもを引っ張ると大きな音が鳴る形です。

    クラスでも全員もっているので初めの事はあちこちで

    誤って鳴らしてしまう事も多々ありました。

     

    2つ以上もっていても無駄にはなりにくいのが防犯ブザーの

    特徴ですが、初期支給は増えてきているのでこちらは

    確認してからでも準備はよさそうです。

     

    防犯ブザーは壊れやすい

     

    2つ以上あっても無駄にならないというのは

    この壊れやすさにあります。正確に記すと防犯ブザー自体

    壊れやすいというよりも、小学1年生の取り扱いでは

    壊れやすいと言えるでしょう。

     

    我が家も引っ張っても音が鳴らなくなったり、ランドセルに

    括り付けておく所が壊れたりと様々な故障がありました。

    現在では買い替えた防犯ブザーを使っています。

     

    小学生の防犯ブザーはどこにつける?

     

    ランドセルの前面が一番いいですね。邪魔にならない位置と

    なるとランドセルの側面ですが、あえて前面につけるといいです。

     

    学校指定があれば仕方がありませんが、色合いも黄色など

    目立つ色の方がいいです。ランドセルの色合いと統一した

    防犯ベルも買いましたがおしゃれにランドセルに

    なじませなくともいいなと感じました。

     

    利用できなくとも見せる意識

     

    防犯ブザーはとっさの時に音を鳴らすことができればいいです。

    しかし、現実には厳しい所もあるでしょう。それ以上に

    防犯ブザーの役割として「見せる意識」があります。

     

    防犯ブザーをもっているのだというアピールを外に

    向けてすることが大切です。だからこそ、目立つ前面につけて、

    しっかりアピールしたいですね。

     

    小型であったり、おしゃれなデザインの形状も

    防犯ブザーで増えてきました。それよりも目立つデザインで

    しっかり持たせることの方が大切です。

     

    防犯ブザーを利用する機会などない方がいいに

    決まっていますので見せる防犯ブザーでしっかり

    予防できることを願います。

     

    JUGEMテーマ:小学生の子育て

    | syougaku19 | 15:08 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    Profile

    検討計画

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode