Entry: main  << >>
小学生の勉強時間はどれくらい?
0

    小学生の勉強時間

     

    小学生の勉強時間は何時間くらいかとても気になる所ですよね。

    できる子はどのくらい行っているかと目安が知りたい所です。

     

    中学受験世代になれば情報交換も活発になり、

    目安もいくらでも出てきます。では、小学1年生や2年生などの

    低学年はどうでしょうか。今回、低学年の勉強時間に

    スポットを当ててみます。

     

    小学1年や2年は習慣化が大事

     

    小学生1年や2年でまず大事な事は習慣化です。これは

    上級生になっても当然、生きてくることですが

    低学年は特に勉強を行うことが普通と思うこの意識が大事です。

     

    更に、小学生で毎日4、5時間も勉強時間を確保する事は難しいです。

    夜11時や12時まで勉強を追い込むのも1日や2日であれば

    できるでしょう。しかし、それでは習慣化するくらい長持ちしません。

     

    学校からまっすぐ帰ってくる前提でも、朝に1時間と夕方に

    1時間半、夜に向けてのコマ切れ時間をかき集めて1時間の

    合計3時間半くらいが最大だと思います。

    これ以上はコンスタントに続けていくことがキツイでしょう。

     

    3時間半も最大限取れてこのくらいという所です。

    2時間以上くらい取れて、継続できれば他の方との

    違いには十分なってくると思います。

     

    漢字などやれることから

     

    問題集などレベルの高い教材も小学1年や2年でも

    市販されています。しかし、これらの教材は

    積み上げて学習を行えてきた方向けです。

     

    差があることに焦るのはわかります。ただ、習慣化をする

    段階では漢字など取り組みやすい所から入る方がいいです。

    まずは行いやすい教材から入って、きっちり机に

    向き合う時間を増やすことが大切です。

     

    限られた勉強時間で大切な事

     

    勉強時間は1日の中で取れても3時間程度と限られています。

    当然、できうる範囲も限られてきます。

    大切な事はこの限られた時間を大切にするという事です。

     

    家庭学習を行っているとわかりますが、子供も当然、

    気分が乗らない時もあります。このような時でもまずは

    机に向かうことが大切です。精彩を欠いても仕方ありません。

    こういう時もあるのだという気持ちで

    向き合いながら取り組むことが大切です。

     

    集中できる仕組みが大事

     

    毎日の取り組みにちょっとした集中や気持ちが前向きになる

    要素を入れるとさらにいいです。例えば、スタンプを

    出来たら押すというだけでも子供はうれしいものです。

     

    勉強しようと思う動機づけもいいですね。明確なモチベーションが

    沸くという事はないかもしれません。しかし、終わったら息抜きを

    しようなどのメリハリをつけて意識を高めることも

    行き詰った時のひとつの方法です。

     

     

    JUGEMテーマ:我が子の家庭学習(小学生)

    | syougaku19 | 20:56 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    Profile

    検討計画

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode